ヒアルロン酸とは

みずみずしい美しい肌を大切にしたい。それは、みんなの正直な願いです。今は、女性に限らず男性も同じように肌のコンディションを気にする時代。ハリが合ってキメが細かく、シミやくすみのない明るい肌は、みんなの憧れであり目標なのです。

ヒアルロン酸は、グリコサミノグリカンの一つです。保湿効果に優れているのでスキンケア化粧品などにも使われています。そのパワーは素晴らしく、たった1グラムのヒアルロン酸があれば、なんと6000mlもの水分をキープすることができます。もともと私たちの体の中にあるもので、真皮と呼ばれる部分で肌にハリや保湿力を与えてくれています。他にも、関節軟骨の働きを保ったり、細胞を活発にしてくれたり。目の働きにも改善を促してくれます。しかしながら、ヒアルロン酸は年齢と共に減少してしまう成分。40代の半ばを過ぎた頃から、減少が見られるようになります。
紫外線
ヒアルロン酸は、私たちの体の中の線維芽細胞が生産しており、これは真皮に存在しています。
線維芽細胞は、加齢によっても減少してしまうのですが、他にもストレスや紫外線などによっても機能が低下すると言われています。
低下すれば、ヒアルロン酸をはじめエラスチンやコラーゲンにも影響してきます。
ですから、線維芽細胞の量をなるべく減らさないこと、衰えないようにすることが肌のハリをキープすることにも繋がってくるのです。
ここでは、ヒアルロン酸について紹介します。
是非、参考にしてみてください。


参考|http://s.bjn.jp/
ヒアルロン酸について解説している『お肌の駆けコミ寺』です。